必要とされる人間になりたい!介護職員初任者研修

必要とされる人間になりたい!介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは

2013年4月から、ホームヘルパー2級という資格が廃止され、新しく介護職員初任者研修という制度が始まりました。大まかな資格内容はホームヘルパー2級とは同じですが、いくつか新しく変わった点があります。
以前は30時間の現場実習が必須となっておりましたが、新しい制度では現場実習は廃止となっています。そのため、資格自体も取りやすくなったと言えましょう。また、研修内容も自宅介護における介護の在り方が主だったものが、施設での介護を主としたものに変わりました。そのため、資格取得後の介護施設への就職もしやすくなりました。

 

なぜ資格制度が変わったのか疑問を感じることもあるかと思いますが、その背景には今の日本の現状と起こるであろう未来があります。今の日本は空前絶後ともいえる高齢化社会となっています。その現状は今後さらに進むことでしょう。そうなると足りなくなるのが、介護をする側の人達です。介護施設の職員はもちろん、自宅での家族の介護を行う人も足りなくなってしまう未来がすぐそこに迫っています。

 

介護を要する人がたくさんいるのに、その介護が出来る人が足りなければ、高齢化社会は混乱の世界になってしまいます。そうならないためにも、介護する人を増やさなければならないのです。

 

今はまだ高齢化社会を実感していない人も、家族や周りの人たちの介護をしなければならなくなるでしょう。その時に何も役に立たない人間ではいたくないものです。

e-介護職員初任者研修・・・ホームヘルパー2級の廃止に伴い新設された「介護職員初任者研修」。