介護職員初任者研修で得られるもの

介護職員初任者研修で得られるもの

今までのホームヘルパー2級には、スクールによって実習や内容に偏りがあり、時として資格を取得しても現場で役に立たないこともありました。介護施設などの現場でさらに実習を積まないと一人前の介護職員になれないといったデメリットがあったのです。
しかし、介護職員初任者研修では、実習や授業内容が統一化されており、資格取得後にはすぐに現場で役に立つスキルが得られるようになりました。また、ホームヘルパー2級では、講習を修了すればそのまま資格を得ることが出来ていたのに対し、介護職員初任者研修では高級過程終了後には、修了試験を受け合格しないと資格を得ることは出来ません。基準が厳しくなったような気もしますが、しっかりと研修を受けない限り合格できないとなると、介護職員初任者研修の資格保持者の質が上がるという結果になります。

 

現在ではあまり強い立場ではない介護職員も今後大いに重視される職業となることでしょう。だからといって決して難しい資格ではなく、しっかりと研修を受ければ得られる資格です。今後介護の仕事を目指すのであれば、必ず必要となるのがこの介護職員初任者研修の修了者ということになります。

 

介護職に就かないにしても、家族の介護をする時が来ればきっと役立ってくれることでしょう。これから先是非とも持っておきたい資格ですね。