気になるお給料

気になるお給料

介護の仕事に興味のある人は沢山いると思います。しかし、多くの人達はその仕事に対する報酬、すなわちお給料が少ないという現状から介護の仕事を始めようとする気を削がれているのではありませんか?確かに今現在の介護職のお給料は会社勤めに比べて低いです。
介護職員初任者研修はまだ新しい資格なので、詳しい資料がなくはっきりした給料額はわかりません。そのためホームヘルパー2級の給料額を参考にしたいと思います。

 

常勤勤務の場合、平均年収は290万円となっており、月収にすると約21万円となっています。また、アルバイトやパートといった形態の場合、時給1200円が平均額となっています。介護職は体力的にも精神的にも大変な仕事なのに、やっぱりお給料は低いですね。悲しい現実です。

 

しかし、介護職の資格の変化と同じように、介護職のお給料も変わりつつあります。介護職のお給料の低さの原因はコストのかかる訪問看護が関係しているとも言われています。訪問看護には人件費や時間が多くかかるのですが、それに対する利益は低いものでした。そのようなことから、最近では訪問看護よりも施設介護に力を入れる企業が増えてきています。施設介護となれば、人件費や時間を節減できコストも下がります。そうなると介護職のお給料も上がるということになります。

 

さらに、介護職のお給料の低さは政治の上でも問題となり、厚生労働省では交付金などにより介護職のお給料を引き上げる対策を始めました。今後この対策はさらに充実化することと思います。介護職のこれからは決して暗いものではありません。